読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカのトークショー


Don't Move To Canada Just Yet

たまたま見たアメリカのトークショーが面白かった。

 

メイン司会のスティーヴン・コルベアは、皮肉のまじったユーモアで有名なコメディアン。2014年に「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」の司会に抜擢さました。アメリカの深夜の時間帯は各局でトークショーがあり、人気の番組のひとつです。

 

unejourneeordinaire.xyz

ドナルド・トランプがまさかの勝利をした歴史的なアメリカの大統領選挙の翌日の放送。

オープニングトークが始まり、昨夜の選挙の話へ。

ヒラリー・クリントン氏が敗北宣言と共にドナルド・トランプ氏にお祝いの言葉を贈った映像が流れた後にスティーヴンは、

How are you already accepting this?(どうしてこの状況をすでに受け入れてるんだ?)」と。

スティーヴンが言うには、5段階の悲しみ方(5 stage of glief)があるらしく、順番に言うと、最初の3段階は、拒否(denail)、怒り(anger)、取引(bargaining)。この3つは、選挙戦のキャンペーン戦略(campain strategy)だったそう。

その後に落ち込み(depression)、そして、受け入れる(acceptance)。

受け入れる(acceptance)は最終段階で、全部の段階を踏まないといけないそうです。

確かに、ヒラリー氏は落ち着いたスピーチで、淡々と今後のことなどを話して受け入れてました。笑

その後は、劇的に髪型を変えて(dramatic haircut)彼氏にリバウンドする(rebound boyfriend)が一連の流れみたいです。笑

 

タイトルの「Don't Move To Canada Just Yet」は、選挙後にカナダ移民局のウェブサイトがクラッシュしたので、カナダに行かないでとゆう内容もありました。

最後は、ヒラリーが勝つと信じてた神様が、昨夜はネットフリックスを見てて選挙見てなくてびっくりするってゆうオチでした。

 

 

フランスの乾燥対策

この時期になるとお肌の乾燥がひどい。

笑ったりすると引きつってるのがすぐわかるし、ヒリヒリ痛いときもある。

もともと日本に比べてヨーロッパはかなり乾燥している。

日本にいてたときも、乾燥に悩まされていたけれど、フランスに来てから毎年毎年ひどくなっている気がー。。。

なのに、フランス人は肌が綺麗な人が多い気がする。

薬局や化粧品売り場では保湿クリームが多く並び、日本のような化粧水で水分補給するタイプのものはあまり見かけない。

調べてみると、どうやらビニール肌になってるとのこと。

そして、ビニール肌にはセラミドとゆう成分が保湿にはいいみたい。

madame.wp.xdomain.jp

美容に関してはいつもだいたいだったので、一年中同じ化粧品を使っていましたが、

早速、冬用に保湿クリーム買直しです。

フランスの洗濯事情

f:id:theordinary:20161118141601j:plain

初めてフランスに来た時はコインランドリーで洗濯していました。

フランス語もわからなかったので、辞書で単語を調べながら壁に貼ってある使い方を翻訳して洗濯してました。

初めての洗濯で驚いたのは、温度設定ができること。

今は、日本でも温水で洗える洗濯機がでてるみたいですが、当時は知らなかったので、洗うものによって温度を変えれるなんてすごい!と思いました。

と同時に、日本はフランスより便利なものがおおいと思っていたので、負けた感じがしました。

フランスは、硬水なので洗剤が溶けにく買ったり、汚れが落ちにくいなどの理由で温度調節をするようになったそうです。

 

それともう一つ驚いたのが、お酢を使って洗濯をすること。

これは、洗濯機のあるおうちに住んだ時に、フランス人の友人に教えてもらいました。

お水が硬水なので、カルキがたまって洗濯機が壊れる原因になるから、カルキがたまらないように定期的にお酢で洗うのだそう。

漂白にもなるって聞いたこともあるけど、わたし的には漂白されてる感じはないですが。

 

 

 

ココナッツオイルのサプリメント

日本ですごく流行ってるココナッツオイル。

今更ですが、始めました。

実家の家族がすごくすすめるので。

ナチュラリアなどのビオスーパーには普通に置いてて、

値段もそこまで高くなかったです。

コーヒーに入れて飲むのが一般的?みたいで飲んでみたものの、やっぱり味が。。。

普通にコーヒーは美味しく飲みたいです。

ココナッツカレーを毎日食べるわけにもいかないですし。

ココナッツの味が得意じゃない人のために、ココナッツオイルのサプリがあるみたいで、友達は味が苦手だからサプリで続けてると言っていたので、早速、頼んで送ってもらいました。

coconuts.link

ココナッツオイルはダイエット以外にも、認知症や花粉症などにも効果があるとか。

フランスでもサプリ手に入るのかな?

探してみます。

とりあえず、大量に送ってもらったのでしばらく続けてみます。

週末のパリ。公園はポケモンがいっぱい?

f:id:theordinary:20160725183016j:image
パリ19区の東側にある ラ・ヴィレット公園(Parc de la Villette)は、週末になるとたくさんの人が集まり、パリ市内では最も大きい公園。公園内には科学博物館や音楽ホール、アートモニュメントなどがあり、週末はいろいろなイベントも開催されている。
 
サン・マルタン運河(Canal Saint-Martin)から続くウルク運河(Canal de l’Ourcq)は、公園の真ん中を通っており、運河沿い観光船もはしっている。
公園内の芝生は、友達同士や家族づれでピクニックを楽しむ人、ゆっくり木陰で読書を楽しむ人や、水着で日焼けをしている人達など、思い思いに週末を楽しんでいる人で賑わう。
 
そんな中、ウルク運河にかかる橋の周りには、ケータイを握りしめた人の人集りが。
 
世界中で話題のゲームアプリ、「ポケモンgo(Pokémon GO - Niantic, Inc.)」が、この日(7月24日)の朝からフランスでリリースされたとのこと。
ケータイのポータブルチャージャーをつけながらウロウロしている10代ぐらいのグループから、なかなか渋目の大人やカップルまで年齢層は様々だが、ケータイ片手にウロウロしている人たちが目立った。
 
ラ・ヴィレット公園の橋の上にはたくさんのポケモンがいてるようです。
 
 
INFORMATION
ラ・ヴィレット公園(Parc de la Villette)
アドレス:211 Avenue Jean Jaurès, 75019 Paris
メトロ:Porte de Pantin駅(line 5) 
    Porte de la Villette駅(line 7)
 

 

Pokémon GO

Pokémon GO

  • Niantic, Inc.
  • Games
  • Free

 

Funny Face(パリの恋人)

f:id:theordinary:20160529025128j:image
Funny Face(パリの恋人)
1957年
監督:スタンリー・ドーネン(Stanley Donen)
脚本:レナード・ガーシェ(Leonard Gershe)
出演:オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)
   フレッド・アステア(Fred Astaire)
   ケイ・トンプスン(Kay Thompson)
 
 
アメリカのミュージカル映画。
ブロードウェイミュージカル「Funny Face」のオリジナル曲を使用した作品。
ニューヨークの古書店で働く主人公が撮影で訪れたフォトグラファーにモデルとして見出され、撮影でパリを訪れる。パリのファッション業界を舞台に、エッフェル塔・凱旋門・セーヌ川・モンマルトル・ルーブル美術館など、パリの名所が登場する。
 
ヘップバーンの衣装にはジバンシィ(Givenchy)が使われ、のちにファニーフェイスは女性の美人ではないが個性的でチャーミングな女性の誉め言葉として使われるようになり流行語となった。
 
 


パリの恋人 (字幕版)

 

Charade(シャレード)

f:id:theordinary:20160529211959j:image

Charade(シャレード)
1963年
監督:スタンリー・ドーネン(Stanley Donen)
脚本:ピーター・ストーン(Peter Stone)
出演:ケーリー・グラント(Cary Grant)
   オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)
 
 
アメリカのサスペンス・コメディ映画。
スキー旅行先でレジーナは夫・チャールズとの離婚を決意していた。パリの自宅へ戻ると家財道具一式が持ち出され、チャールズの死を知らされる。アメリカ大使館に呼び出されたレジーナはチャールズが戦時中OSS(現在のCIA)だったこと、任務中に仲間4人と横領した軍資金25万ドルを一人でこっそり持ち出したために殺害されたことを知らされる。葬儀の時に現れた見知らぬ男3人が仲間だと知り、彼らから脅迫を受けるレジーナ。スキー旅行先で知り合ったピーター(ケーリー・グラント)が現れ、脅迫からレジーナを守ろうとするが、実はピーターも男たちの仲間であった。
 
冒頭から「MISS HEPBURN CLOTHES BY GIVENCHY(ヘップバーンの衣装はジバンシィ(Givenchy)が提供)」のクレジットが表示されている。
 
2002年にはリメイク版「The Truth About Charlie」が制作された。
 
LOCATION
 f:id:theordinary:20160529210025p:image
・子供達と一緒に人形劇を見ていた公園。8区、シャンゼリゼ通りの北側にある人形劇場「シャンゼリゼ人形劇場(Théâtre Guignol des Champs Elysées)」
 
f:id:theordinary:20160529210031p:image
・レジーナたちが宿泊していた「ホテル・サン・ジャック(Hôtel Saint-Jacques)」。撮影は実際のホテルの場所ではなく5区のサンシエ・ドーバントン(Censier - Daubenton)駅周辺のサンシエ通り(rue Censier)のアパルトマン。
 

f:id:theordinary:20160529210041p:plain・映画「巴里のアメリカ人」でジーンケリーがダンスしていた場所と話しながらアイスを食べ歩いていたシーンは、ノートルダム大聖堂からセーヌ川をはさんで向かい側、5区のドゥーブル橋(Pont au Double)の南側、モンテベロ通り(quai de Montebello)。

 
 
 


シャレード デジタル・リマスター版 [Blu-ray]