読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの洗濯事情

f:id:theordinary:20161118141601j:plain

初めてフランスに来た時はコインランドリーで洗濯していました。

フランス語もわからなかったので、辞書で単語を調べながら壁に貼ってある使い方を翻訳して洗濯してました。

初めての洗濯で驚いたのは、温度設定ができること。

今は、日本でも温水で洗える洗濯機がでてるみたいですが、当時は知らなかったので、洗うものによって温度を変えれるなんてすごい!と思いました。

と同時に、日本はフランスより便利なものがおおいと思っていたので、負けた感じがしました。

フランスは、硬水なので洗剤が溶けにく買ったり、汚れが落ちにくいなどの理由で温度調節をするようになったそうです。

 

それともう一つ驚いたのが、お酢を使って洗濯をすること。

これは、洗濯機のあるおうちに住んだ時に、フランス人の友人に教えてもらいました。

お水が硬水なので、カルキがたまって洗濯機が壊れる原因になるから、カルキがたまらないように定期的にお酢で洗うのだそう。

漂白にもなるって聞いたこともあるけど、わたし的には漂白されてる感じはないですが。